【ダウンロード】

https://1drv.ms/u/s!Alt6WCVd8PgfoAEtach-hdmaSCfR

※NoraVRを使用する場合には、NoraVRから開発版を使用して下さい(NoraVRに関する問題を修正しています)

ホストファイル(config/hosts.txt)内XRF959のアドレスに誤りがありました
https://kdk.ddns.net/norahosts/hosts.txt
上記ホストファイルをダウンロードして、config/hosts.txtを上書きして頂ければ修正されます

 

【変更点】

  • JARLの登録を受け、固有IDの反映を行った
  • JARL MultiForward Link使用時に遠隔レピータにカーチャンクした際に、書き換え要求を送信するようにした(To設定ミスによる一方通行対策)
    ※リフレクター運用時に書き換え要求を送らない設定よりも優先されます
  • MMDVM(JumboSpotなど)のTransparentに対応した(例として、JumboSpotのNextionポートにNextionディスプレイを接続した時に使用します)
  • NoraVR暫定対応
    クライアント実装サンプルはコチラ
    ※クライアントサンプルは、用途例の一例です。ユーザーのアイディア次第で活用範囲は無限大に広がります
    ※通信仕様、クライアントサンプル(サンプルアプリ&ライブラリ)のソースコードは後日公開します

 

 

【リフレクターとゲート超えのクロス交信にご注意下さい】

記事:リフレクターとゲート超えのクロス交信にご注意下さい

PDFはコチラ

 

【アップデートの注意点】

※単純にzipファイルを展開しますと、前バージョンの.jarファイルが残りますので、必ず前バージョンの.jarファイルは削除して下さい

 

【設定ファイルのアップデートに関して】

v0.1.4a-PR10からバージョンアップする場合

そのままでも問題ありませんが、NoraVRを使用する場合には、下記を<Repeaters></Repeaters>の間に追加してください

<Repeater
	enable="false" type="Internal" callsign="XXXXXX X"
	defaultRoutingService="JapanTrust" routingServiceFixed="false"
	allowDIRECT="false"
	autoDisconnectFromReflectorOnTxToG2Route="true"
>
	<Modem type="NoraVR" allowDIRECT="false">
		<ConfigurationProperties>
			<DV3KInterfaceType>Network</DV3KInterfaceType>
			<DV3KServerAddress>XXX.XXX.XXX.XXX</DV3KServerAddress>
			<DV3KServerPort>2460</DV3KServerPort>
			<NoraVRPort>52161</NoraVRPort>
			<NoraVRLoginPassword></NoraVRLoginPassword>
			<NoraVRClientConnectionLimit>100</NoraVRClientConnectionLimit>
			<NoraVRAllowRFNode>false</NoraVRAllowRFNode>
		</ConfigurationProperties>
	</Modem>
</Repeater>

 

<< 前のバージョン NoraGateway v0.1.4a-PR10

>> 次のバージョン