Slideshow CK

NoraGatewayダッシュボードのインストール方法

NoraGateway v0.1.4a以降で使用可能な簡易ダッシュボードのインストール方法(@Linux)

このチュートリアルは、既設のNoraGatewayが動作していることを前提に説明します

 

kdk.ddns.net JARL DSTARネットワーク向け自動応答NoraGatewayダッシュボード:http://kdk.ddns.net:8080/ 

 

1. NoraGateway.xmlを編集

NoraGateway.xml最後尾付近の<WebRemoteControlService内enableをtrueに変更します

	<!--
		Webダッシュボードサービス(v0.1.4a以降)
		※有効にする場合には、enable="true"として下さい
		
		
	-->
	<WebRemoteControlService enable="true" port="3000" context="/nora" />
	
</NoraGateway>

 

2. /opt/NoraGateway/dashboard/js/config.jsを編集

serverAddressに、ダッシュボードを表示するクライアントデバイスから見たときのIPアドレスを設定します

const serverAddress = "192.168.???.???";

const context = "/nora";

const lastHeardLimit = 20;

 

3. nginxのインストール

sudo apt install nginx

と入力し、nginxをインストールします

 

4. /etc/nginx/sites-available/defaultを編集

sudo vi /etc/nginx/sites-available/default

と入力し、下記の通りdefaultファイルを編集します

  1. server {の直上
        upstream nora {
            server localhost:3000;
        }
    
        map $http_upgrade $connection_upgrade {
            default upgrade;
            ''      close;
        }
    
    server {​
  2. root
    root /opt/NoraGateway/dashboard;​
  3. location / { ........ }の直下
            location / {
                    # First attempt to serve request as file, then
                    # as directory, then fall back to displaying a 404.
                    try_files $uri $uri/ =404;
            }
    
            location /nora/ {
                proxy_pass http://nora;
                proxy_http_version 1.1;
                proxy_set_header Upgrade $http_upgrade;
                proxy_set_header Connection $connection_upgrade;
            }​
  4. 上記3項目を追加・編集すると下記のようになります
    ##
    # You should look at the following URL's in order to grasp a solid understanding
    # of Nginx configuration files in order to fully unleash the power of Nginx.
    # http://wiki.nginx.org/Pitfalls
    # http://wiki.nginx.org/QuickStart
    # http://wiki.nginx.org/Configuration
    #
    # Generally, you will want to move this file somewhere, and start with a clean
    # file but keep this around for reference. Or just disable in sites-enabled.
    #
    # Please see /usr/share/doc/nginx-doc/examples/ for more detailed examples.
    ##
    
    # Default server configuration
    #
    
        upstream nora {
            server localhost:3000;
        }
    
        map $http_upgrade $connection_upgrade {
            default upgrade;
            ''      close;
        }
    
    server {
            listen 80 default_server;
            listen [::]:80 default_server;
    
            # SSL configuration
            #
            # listen 443 ssl default_server;
            # listen [::]:443 ssl default_server;
            #
            # Note: You should disable gzip for SSL traffic.
            # See: https://bugs.debian.org/773332
            #
            # Read up on ssl_ciphers to ensure a secure configuration.
            # See: https://bugs.debian.org/765782
            #
            # Self signed certs generated by the ssl-cert package
            # Don't use them in a production server!
            #
            # include snippets/snakeoil.conf;
    
            root /opt/NoraGateway/dashboard;
    
            # Add index.php to the list if you are using PHP
            index index.html index.htm index.nginx-debian.html;
    
            server_name _;
    
            location / {
                    # First attempt to serve request as file, then
                    # as directory, then fall back to displaying a 404.
                    try_files $uri $uri/ =404;
            }
    
            location /nora/ {
                proxy_pass http://nora;
                proxy_http_version 1.1;
                proxy_set_header Upgrade $http_upgrade;
                proxy_set_header Connection $connection_upgrade;
            }
    
            # pass the PHP scripts to FastCGI server listening on 127.0.0.1:9000
            #
            #location ~ \.php$ {
            #       include snippets/fastcgi-php.conf;
            #
            #       # With php7.0-cgi alone:
            #       fastcgi_pass 127.0.0.1:9000;
            #       # With php7.0-fpm:
            #       fastcgi_pass unix:/run/php/php7.0-fpm.sock;
            #}
    
            # deny access to .htaccess files, if Apache's document root
            # concurs with nginx's one
            #
            #location ~ /\.ht {
            #       deny all;
            #}
    }
    
    
    # Virtual Host configuration for example.com
    #
    # You can move that to a different file under sites-available/ and symlink that
    # to sites-enabled/ to enable it.
    #
    #server {
    #       listen 80;
    #       listen [::]:80;
    #
    #       server_name example.com;
    #
    #       root /var/www/example.com;
    #       index index.html;
    #
    #       location / {
    #               try_files $uri $uri/ =404;
    #       }
    #}​

5. nginxのリロード

sudo systemctl reload nginx.service

と入力し、設定変更を反映します

 

6. NoraGatewayの起動

自動起動を設定している場合には、再起動を行って下さい

自動起動を設定していない場合には、/opt/NoraGateway/start.shを実行して下さい

 

7. ダッシュボードにアクセスを試行

外部のデバイスなどから、

http://nginxが動作していデバイスのIPアドレス

にアクセスを行い、正常に動作しているか確認を行います

 

 

NoraGateway v0.1.4a

【ダウンロード】

https://1drv.ms/u/s!Alt6WCVd8PgfoX4eI9NggXOcPeaE

 

【変更点】

  • NoraVRに関する不具合を修正
    • 複数ユーザーで同じコーデックを選択した場合において、全てのユーザーに正しいパケットを分配出来ていなかった問題を修正
    • サーバ側NoraVRの設定パラメータにパスワードを入力しなかった場合、認証をバイパスする処理を追加
    • NoraVR内低速データセグメントの受信データが化けていた問題を修正
    • NoraVR内各コーデックの使用・不使用を設定できるように追加
    • NoraVR内アップリンク側にキャッシュを設けた(送信音声ケロ対策)
  • ローカル(山かけ)の場合において、RPT1/RPT2が誤っていた問題を修正
  • 制御コマンド(I/Uなど)をカーチャンクしても、音声アナウンスが返らない問題を修正
  • ./config/hosts.txt(デフォルト設定)を定期的に監視し、変更がなされた場合には自動で再読込するようにした
  • 送信情報の送信に対応
  • JARL(dstatus) & ircddbに対する送信情報の送信にて、制御コマンド情報の送信を抑制した
  • JARL MultiForward Linkレピータリスト仕様変更に対応
  • JARL MultiForward Linkレピータリスト受信時にアプリケーションがダウンする場合がある問題の修正
  • アイコム社製ターミナルモード・アクセスポイントモードで動作させる為の最小限の設定を纏めた設定ファイルを同梱した
    ※下記のファイルをNoraGateway.xmlに名前を変更(リネーム)してご利用下さい
    書き換える場所は、XXXXXX(ご自分のコールサイン)となっている部分と、COMx(OPC-2530LUに割り当てられたCOMポート番号)の3点です
    • config/NoraGateway_IcomAccessPointMode.xml.default(アクセスポイントモード用)
    • config/NoraGateway_IcomTerminalMode.xml.default(ターミナルモード用)
  • 簡易ダッシュボードの追加
    NoraGatewayダッシュボードのインストール方法

    kdk.ddns.net JARL DSTARネットワーク向け自動応答NoraGatewayダッシュボード:http://kdk.ddns.net:8080/


 

Read more: NoraGateway v0.1.4a

NoraGateway v0.0.1a-PR29 for Android

【ダウンロード】

https://1drv.ms/u/s!Alt6WCVd8PgfoXb0hICaMrx90Ede

 

【変更点】

  • NoraGateway v0.1.4a-dev8(NoraVR)相当の機能を実装
    • JARL MultiForward Linkのレピータリストフォーマット仕様変更に対応
  • Bluetooth接続アクセスポイント・ターミナルモード(NewAccessPointBluetooth)において、レイテンシが大きい環境下で音声がスローになってしまう問題を修正

 

Read more: NoraGateway v0.0.1a-PR29 for Android

意図しない「なりすまし」について

 

  • NoraGatewayの他に複数のノードを運用されている方(複数のNoraGatewayを起動、その他リフレクターノードを含む)
  • NoraGatewayを使ったノードのアンテナを室外に上げている方
  • ExternalHomebrew経由で外部レピータソフトウェアを使用している方

を対象にお願いします。
最近、無関係の他局の最終アクセスレピータを自分のレピータにして書き換えてしまう事例が報告されています。
RFからの回り込み(飛び込み)によるものと推測されますが、まずは以下の設定を行い、
無関係な局の情報を送信していないか確認をお願い致します。
(※自分は受信しているだけのつもりでも起こりえます)

./config/NoraGateway.xml 最後尾付近

<StatusInformationFileOutputService enable="true" outputPath="./" />

enable="true"に変更します。

NoraGatewayを起動すると、インストールフォルダに「NoraGateway.status」ファイルが出力されますので、
随時、その中の「HeardLog」をチェックし、「OUTGOING」になっている行のコールサイン(MyCallsign)が、
自分かもしくは意図した局のコールサイン(公開ノードでない限り、ご自分のコール以外はありえません)になっているか確認をお願い致します。

「OUTGOING」となっている行は、JARL管理サーバもしくはircDDBサーバに情報を送信しています

MyCallsignに他の意図しない局のコールサインが入っているようですと、その局はゲート超えの着信が出来なくなります

【対策】

  1. ExternalHomebrew経由で外部レピータソフトウェア(DStarRepeater等)を使用している場合には、
    RPT1/RPT2のチェックをする設定を必ず行って下さい(DStarRepeaterの場合には、RPT1 ValidationをONにして下さい)
  2. ノード同士の周波数を極力離し、出力を最小にし、ダミーロードで運用する等、ノード同士が干渉しないようにして下さい
  3. 喋る無線機は、基本的に「DRモード」に設定してお使い下さい
  4. 意図しないコールサインの情報を送信していた場合には、即刻運用を停止して下さい

NoraGateway側で対策をしていますが、意図しないなりすましが発生するようですと、
ゲート超え機能を無効化しなくてはならなくなりますので、ご協力をお願い申し上げます

 

Page 3 of 13