Slideshow CK

NoraGateway v0.0.1a-PR36 for Android

【ダウンロード】

https://1drv.ms/u/s!Alt6WCVd8Pgfs2oaSOwaJ9zBpdQ1?e=CdZS6L


A
ndroid6.0以前の端末用
(https://1drv.ms/u/s!Alt6WCVd8PgftAFj9ZtUaM-cRikG?e=kXWPVK)

 

【変更点】

 

【リフレクターホストファイルのダウンロードについて】

Android版では以下のホストファイルのダウンロードを一定間隔で行います

 

Read more: NoraGateway v0.0.1a-PR36 for Android

NoraGateway v0.1.5a-PR14

【ダウンロード】

https://1drv.ms/u/s!Alt6WCVd8Pgfswgdn7pZXmz4jDTW?e=hGgQ1L

 

【変更点】

  • マルチフォワードのレピータリストの取得先を、当社団管理のサーバに変更した
    →JARL管理サーバからデータを中継して負荷を肩代わりするカタチになりますので、最新情報から最大1時間程度遅れが生じます
     (レピータのmulti_forwardを起動もしくはIPorポートが変更されても、最終的にNoraGatewayに反映されるまで最大1時間程度の遅れが発生する可能性があります)
  • その他微修正

 

 

Read more: NoraGateway v0.1.5a-PR14

NoraGateway & NoraExternalConnectorのパケットルーティング仕様

NoraGatewayやNoraExternalConnectorを使用して運用する場合の、音声パケットのルーティング仕様について解説致します

【ルーティング概念図】

 

【ルート種別】

  1. G1/G2 |IN

    コール指定・レピータ指定(エリアCQ)などのゲート超えが受信された場合のルート

  2. G1/G2 OUT

    コール指定・レピータ指定(エリアCQ)などのゲート超えを送信した場合のルート

  3. OUTGOING OUT

    RFからのコマンド(XLX380ZLなど)やダッシュボードからのコマンドで、自発的に外部のNoraGatewayやNoraExternalConnectorに接続した場合において、ID-31Plus等のTo(宛先)をUse Reflectorにして送信した場合のルート
    (※NoraVR Clientの場合には、CQCQCQ=ONかつUse Gateway=ON)
    BlueDV等のリフレクター接続ソフトウェアは、この接続方式を用いています

  4. OUTGOING IN

    RFからのコマンド(XLX380ZLなど)やダッシュボードからのコマンドで、自発的に外部のNoraGatewayやNoraExternalConnectorに接続した場合において、接続先から受信した場合のルート
    BlueDV等のリフレクター接続ソフトウェアは、この接続方式を用いています

  5. INCOMING OUT

    外部から接続された場合に、ID-31Plus等のTo(宛先)をLocalCQ(山かけCQ)にして送信した場合のルート

  6. INCOMING IN

    外部から接続された場合に、接続元から受信した場合のルート

 

【基本的な考え方】

  • INCOMINGに関しては、モニター目的を兼ねる為、コントロールコマンド以外のほぼ全て(OUTGOING側からの音声を含む)の音声を送信します
  • OUTGOINGに関しては外部への影響を抑えるため、自局からの音声は送信しますが、自局配下のINCOMINGに接続されている局からの音声はOUTGOING側に送信しません
  • よって、自局配下のINCOMINGから送信された音声はOUTGOING側には抜けずに、その逆は抜けるといった一方通行になりますが、これは仕様です

 

【注意事項】

  1. 外部のNoraExternalConnectorやNoraGatewayに接続した場合(OUTGOING接続)、接続先のレピータ等へ抜けてきたゲート超えが聞こえますが、Use ReReflectorで送信しても交信できません
    これは、BlueDV等も同様です
    (OUTGOING接続は、接続先のレピータ等のローカルや、同じく接続先にOUTGOING接続しているユーザーとしか交信できません)

    通常のゲート超え(コール指定・エリア指定)で交信して下さい
    この時、自局のゲートウェイに抜けているのか、OUTGOING接続先に抜けてきたのか不明な場合、
    無線機の受信履歴を表示した時にUR(宛先)がCQCQCQの場合にはOUTGOING接続先に抜けており、通常のコールサインが入っていれば自局のゲートウェイに抜けています
    いずれの場合も、自局からのコールサイン指定で1対1の交信は可能です

NoraGateway v0.1.5a-PR13

【ダウンロード】

https://1drv.ms/u/s!Alt6WCVd8PgfsWJs4gK0EZut7-0t?e=G7S0Pa

 

【変更点】

  • ダッシュボードからリフレクターのリンク状態を変更可能に
  • マルチフォワードの接続局一覧を追加
  • ダッシュボードの表示内容を増強
  • マルチフォワードのレピータリスト取得時間を短縮(起動後5→1分/間隔180→30分)
  • ホストファイル自動ダウンロード&反映機能の追加(設定ファイルの最後尾)
  • 無線機の自動応答機能を使用可能に

 

※SNS公開版との違いは、設定ファイルのリフレクターホストファイルダウンロードサービスに下記エントリが追加されているのみで、基本的には変わりません

<URLEntry enable="true" intervalMinutes="30" url="https://kdk.ddns.net/nora_hosts.php" />

 

Read more: NoraGateway v0.1.5a-PR13

Subcategories

  • NoraGateway

    ID-51Plus2/ID-31Plus/ID-4100アクセスポイント・ターミナルモードから、

    日本国内レピータ、並びにDExtra対応リフレクタ(XLX Multi Protocol Reflectorなど)へ接続するソフトウェア(NoraGateway)の更新・サポート情報など

  • XLX

Page 2 of 16